花咲ガニの通販(通信販売)をする際に気を付けること

珍しいベニズワイガニの雌 鳥取・かにっこ館で展示

生きた姿での展示は極めて珍しいベニズワイガニの雌が11日から、カニを中心としたミニ水族館、とっとり賀露かにっこ館(鳥取市)で展示される。

 

 ベニズワイガニの雌は法令で採捕が禁じられ、研究者らを除き、通常は見る機会がない。今回は鳥取県水産試験場(境港市)が国の特別許可を得て、調査用に採捕したものを展示する。

 

 展示するのは、1月末頃、日本海中央部の水深1千メートル付近で採捕した3匹。最大で甲幅約7センチ、足を広げた長さ約23センチで、ズワイガニの雌に比べ、やや小ぶり。全身真っ赤でスラリとした脚を持ち、愛らしい。

 

 日本海側の水族館で生きたベニズワイガニの雌の展示はないといい、同館は「普通は一切見ることはできないので、かわいらしい姿を楽しんでほしい」と話している。