花咲ガニの通販(通信販売)をする際に気を付けること

高志の紅ガニ+紙風船 迫力の「カニふうせん」

射水市観光PRに8000個

 

 射水市は、県がブランド化を進める特産のベニズワイガニ「高志(こし)の紅(あか)ガニ」をモチーフにした紙風船「カニふうせん」を八千個製作した。三月中旬から市役所や市観光協会、首都圏のイベントなどで配り、市の魅力PRに活用する。

 

 富山の売薬さんがお土産顧客に配っていた一辺八センチの立方体の紙風船を、透明感ある薄紅色のカニ一匹に仕立てた。角に顔を配置した立体感あるデザイン。背中側に丸い穴が開き、息を吹き込んで膨らます。高志の紅ガニの極上タグと新湊漁港のタグが付き、新鮮さをアピールしている。

 

 市は合併後から、市の祭りなどを紹介する紙風船をイベントなどで配ってきた。カニふうせんは、市の若手職員のアイデアで昨年秋から試行錯誤を続けていた。夏野元志市長は「迫力ある出来栄え。配布時には、最上級と自負がある新湊のカニの新鮮さを伝えていきたい」と話した。 (山本拓海)

 

http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20170228/CK2017022802000021.html